ジムニー査定に出す前の車検の有無

今まで使っていた車を買取に出す場合、車検の問題を考慮しておくべきでしょう。
ジムニー買取査定でも、この車検の問題は当然出てきます。
買取査定前に受けた方がいいのかそのままにしておいた方がいいのか、迷ってしまう方も少なくないと思います。
ここでは、ジムニー買取査定と車検について紹介します。

 

・車検費用

車を使用する際には車検を受ける必要がありますが、この車検の費用はご存じの通り、軽自動車、普通自動車など、対象となる車の種類によって異なります。
車を買取に出す場合には、この車検費用も考慮する必要があります。
車検を受ける時は、次の費用がかかります。
自動車重量税、自賠責保険料、車検費用、車検にかかる印紙代、自動車ディーラーに依頼する場合の申請代行料、修理や調整費用などです。
前述のように、これら車検費用は車種によって異なります。
軽自動車の場合は7万円前後、普通自動車であれば10万円前後、そして大型車や高級車などになると数10万円となる場合もあります。
当然のことながら、査定を受ける時は車検に必要な費用を超えて査定額が上がることはありません。
あくまでも車検費用の範囲で、実際の査定額が決まることとなります。
そのため場合によっては、車検を受けることなく査定を受けた方がお得になるケースも出てきます。

 

・ジムニー買取査定と車検について

ジムニー買取査定でも、この車検について注意する必要があります。
買取査定では、残りの車検が1年未満の場合、査定額がプラスにならないと言われています。
ジムニーの買取査定でもそれは同じです。
そのため1年以上と、ある一定以上の車検期間が残っていればプラス査定になる可能性があります。
そのへんは買取ショップによって異なりますが、ある程度の目安があります。
一般的には、13ヶ月以上残っていればプラス査定になり、12〜13ヶ月未満の場合はゼロ査定になります。
13ヶ月以上でプラスの査定が出ますが、その場合でもアップ額は数万円程度です。
ジムニーを売却する場合、車検の残り期間が中途半端であれば、車検期日の直前まで乗った後に売却する方がいいかもしれません。

 

車を買取ショップに売却する場合、車検も大きなポイントになります。
車検の残り期間が13ヶ月以上あれば、ブラス査定に働く可能性があります。
ジムニーの場合も同じですので、買取ショップへの売却を予定している方は、一度車検の残り期間を確認しておくといいでしょう。