ジムニー査定時のポイント

ジムニー買取査定では、査定してもらう査定士の鑑定に大きく影響されます。
査定を行う鑑定士は、あるポイントを押さえながら査定を行っています。
ここではジムニー買取査定における、査定時のチェックポイントを紹介します。

 

・走行距離

車の購入を考えてるい人が気にする点の中に、この走行距離があります。
当然、走行距離が少ない方がいいに決まっています。
走行距離が車の購入に大きく影響しますが、これは査定時にも同じです。
ジムニー買取査定では、走行距離も大きなポイントになります。
査定士は、まずこの走行距離をチェックします。
一般的な車の平均的な年間走行距離というのは、普通自動車の場合が10,000km、また軽自動車の場合は8,000km程度と言われています。
そのため、ジムニーの年式と総走行距離によって割り出した年間走行距離が、この基準を上回ると査定額が安くなることがあります。

 

また反対に、下回っている車はプラス査定を期待できます。
しかしそうかと言って、車をあまり稼働しないとエンジン部分の調子が悪くなることもあります。
そのため、たとえ年間走行距離が少ない車であっても、査定の時に必ずプラスに働くとは限りません。
走行距離は、他の部分に問題ない時に大きく影響してくることになります。
ジムニー買取査定の査定士は、そのへんをしっかりチェックしています。

・外装について

車を査定する専門の査定士は、車の外観もしっかりチェックします。
ボディのカラー、汚れ、キズ、凹みなどないか、丹念に確認します。
この中でもボディカラーは、査定額を大きく影響する要素だと言われています。
そのため人気がある色の車ほど、査定額が高くなることがあります。
ボディのキズ、凹み、汚れ以外に、またアンテナ、ランプ類などの部品も大切です。
査定を受ける時は、これら部分にも注意してください。

・エンジン周り

車の査定では、エンジン周りも重要です。
ジムニーの査定士は、エンジンの音、オイル、プラグ、修復程度、改造パーツなど、様々な事項をチェックします。
そのため、エンジンから異音が聞こえるなど、不具合があるとマイナス査定になる場合もあります。
査定士に見てもらう前に、自分で音などをチェックしておくといいでしょう。

 

ジムニー買取査定では、査定を行う査定士によって査定額が変わってきます。
査定士は、ポイントを押さえてチェックしています。
上記で査定士がチェックするポイントを紹介しまたので、査定に出す前に確認しておいてください。